EL Capitanの新機能を使って作業をしよう

昨年10月発表されたMacの新OS、EL Capitanですが、便利な新機能が加わりました。Safariのページピン機能、マウスポインタをシェイクすると大きくなる機能、メモ、写真アプリの強化など、まだ他にもあるらしいですが、よく使うのが2つのアプリをフルスクリーン表示に並べて操作できるSplit Viewです。特にネットで調べ物をする時に、左側にSafari、右側にPagesなどの文書作成ソフトを並べて、ネット検索をしながら文章を書いて行くことが出来るようになりました。

このワードプロセッサPages、表計算ソフトNumbers,、プレゼンテーションソフトKeynoteもそうですが、ネット上の保存スペース(icloud)に自動で保存されます。私は出かける時は常にiPadを持ち歩いていますが、カフェなどに行った時に、iPadをバックから取り出してPages、Numbersを開いて文章を考案及び作成し、家に帰って本体iMacで処理を続行しています。iPadなどのタブレット端末で同じアプリをインストールしておけば、コピーをすることなく、自動でデータののやり取りができるようになっているので非常に便利です。EL Capitanの新機能と合わせて使うとより一層、便利さを感じます。

今までiMacではLogic Pro Xによる楽曲作成やFinal Cut Proによる動画編集のために使ってきましたが、ビジネスとしても十分使えるんだなと最近は実感しています。現在、私はiMacとノートパソコンのWindowsを併用していますが、Macがここまで便利になってしまうと、次期、ノートパソコンの買い替えはMacbook Airにしようかと考えています。

EL CapitanになってからBoot Campアシスタントを使ってのWindowsのインストールも簡単になってきたようです。ただプロダクトキーを取得するために、Windows10のUSBフラッシュメモリで良いのでこれを購入しないといけないらしい。Boot CampアシスタントによるWindowsのインストールは、以前から構想はあったのですが、Boot Campによる工程がイマイチ解らなかったり、予算の都合上、未だに実行していません。次回は是非、実行してみたいと思います。

引っ越しの準備での話

ようやく単身赴任先から元の部署へ栄転することが出来ました。
東京に来て約2年。
最初は都会に出てどうなることかと思いましたが、やっと一人暮らしから開放されました。
そんな地元への引っ越しの準備をしている時のお話です。

東京での暮らしで唯一地元と違うことをしていたのはDVDの購入です。
地元のレンタルのお店が東京には系列店が無くて、結局東京ではレンタルDVDは利用しませんでした。
1人暮らしを満喫していたこともあり、カードでDVDを買うことの便利さに慣れてしまってたんですよね。
もちろんDVDBOXとか数万円するものは買いませんでしたが、月に2、3枚のペースでは買っていたと思います。
主に買っていたのは映画のDVDと音楽系のDVDです。

映画は洋画、邦画とも好きなので、映画で見られなかった作品は発売と同時に買っていました。
レンタルで見ればもっと早く見られるはずですが、週末に見るというよりは出張先の移動中に見るという利用が多かったので、それもレンタルをしない理由になってました。

そんな感じで溜めていたので、引っ越しの時に整理をしてその枚数の多さにびっくり笑。
さすがに買ったまま見なかったものは無かったと思っていたんですが・・結構ありました笑。ざっと数えただけで見なかった作品は10数本。
戻るまでに見るかなぁどうしようかなぁと迷っていました。

そこでふと思いついたのがソフトの買取です
「新品同様のDVDだったらいくらくらいになるんだろう?」と単純に興味が湧きました。
ネットでソフトの買取をしてくれるお店で買取価格を見てみると、発売して1年以内のものだと半額以上の値段で買い取ってくれます。
今封を開けて見るよりも、地元に返ってから改めてレンタルしようと決めました。

最終的に見たものも含めて全部整理しようと思い段ボールに詰めていくとざっと50本。
良く買ったなぁと改めて思いました。
集荷してくれるお店だったので、重い段ボールも取りに来てもらえて、翌日には結果がわかりました。
価格は全部で3万円程度。
まぁ廃品整理だと思えば上々の金額です。

もちろんこのお金は自分へのご褒美に大事に使わせていただきました笑。
kaden_CD_DVD

卓球の試合で、聴覚障害者と対戦する

2年ぶりに、卓球の試合に出ました。シングルスの個人戦で、はじめに予選リーグを行い、リーグ1位の人が決勝トーナメントに進む、という形で進めるものです。この試合には主に障害者が出場しますが、部門によっては障害のない人も出場できるので、参加を決めました。
私はクラブに所属していない上、ダブルスにも不慣れなので、シングルスの個人戦はなかなか貴重な機会です。また私は障害者の雇用や就労に関心があり、その方面で執筆することもあります。仕事ではなくても、卓球の試合で障害のある当事者に接することは、執筆にもものすごくプラスになるのです。

私が参加した一般の部(女子)の予選リーグでは、聴覚障害のある高校生2人対戦することになりました。2人はそれぞれ違う学校の生徒ですが、どちらも部活で参加しているらしく、大勢の仲間の応援に支えられながら試合に臨んでいました。一方私は一人で参加したので、応援してくれる人もアドバイスしてくれる人もいません。

実際にボールを打ってみたところ、「さすが高校生。ボールに勢いがある」と感じました。普段中高年の女性と一緒に練習している私は、勢いに押されて力負けしそうな感じです。高校生との体力の違いを改めて痛感しました。
試合の結果は1勝1敗のリーグ2位で、決勝進出はなりませんでした。対戦相手の1人はレベルが高く、私ではとても歯が立たない感じです。予選リーグ1位の彼女は、決勝トーナメントでもベスト4まで進みました。攻撃できるボールは逃さず確実に打つ、これが一番の勝因といえます。ある程度レベルの高い健常者のプレーヤーでも、簡単に勝てる相手ではないと思いました。

もう1人の対戦相手については、攻撃するときにむやみやたら力む癖を改めれば、実力をかなり伸ばせると思います。今回は私が勝ちましたが、ボールをしっかり打てるので、悪い癖を修正すればなかなか手ごわい相手になるような気がしました。
さて試合をしている間、私には不思議な感覚がありました。一般の部では同じリーグで試合のない人が審判を行うことになっています。私のリーグでも試合のない人が審判を行いましたが、点数を読み上げず、カウンターの数字を示すだけで、無言で審判を行っていたのです。聴覚障害のある人は言葉を話すのが苦手だとはいえ、これは本当に不思議な感じでした。通常の試合では、審判が点数を読み上げることになっているのですから―。
それでも試合は滞りなく終わりました。

このほか、言葉ではなく身振りでコミュニケーションを取る場面がいくつかありました。プレー中に他のコートから飛んできたボールが自分の背中に当たり、プレーのやり直しを要求するときは、口を大きく開けてゆっくりと話し、身振りを交えながらアピールしました。また試合が終わった後には審判と勝者が記録用紙にサインするときも、署名欄を指さしてサインが必要なことを伝えたのです。
振り返ってみると、この試合では新鮮で、不思議で、貴重な経験ができました。実戦の体験を積むだけでなく、聴覚障害者とのコミュニケーションも体験させていただき、聴覚障害の特性をほんの少しだけ知ることができたような感じです。試合に出て、本当に良かったと思います。
378372s

生活を助けてくれる金券のすばらしさ

私は20代で、会社務めをしている者ですが、まだ若く給料が安いため、節約の一環として金券ショップを使う機会が非常に多いです。

金券ショップを利用したことのない人のために説明しますが、金券ショップは特に駅の近くに多く存在する小型の店舗です。比較的規模の大きな駅であればほぼ間違いなく駅の近くにあると思います。売っている商品は切手、印紙、商品券、株主優待券、きっぷ、新幹線チケットなど多岐にわたります。最近では金券ショップの営業時間外でも24時間販売している自販機が置かれている店舗も珍しくありません。

私がよく買うのはきっぷです。通常、駅で割引のある回数券を買うと11枚セットで買わなければなりませんが、金券ショップであれば1枚ずつ買うことができます。しかも、私の使っている店舗では土日専用の回数券が販売されており、通常の回数券よりも更に安く買うことができます。先ほど述べたような自販機が設置している店舗なので、24時間いつでも購入することができます。私の家と駅のちょうど間に金券ショップがあるので電車に乗る際に、駅できっぷを買うのと同じ要領で金券ショップの自販機できっぷを購入しています。きっぷなので一回一回の割引額は大したことはありませんが、パーセントに直すと中々のもので、軽く消費税分以上は節約することができています。覚えているだけでも20回以上使っているので、これまでかなりの額を節約することができていると思います。

また、一人暮らしのサラリーマンの味方であるファーストフードの食券をよく買います。有名牛丼チェーン、有名ハンバーガーショップ、有名ファミリーレストランなど種類が豊富でとても満足しています。このような食券はきっぷよりも割引率が高くお得感がより高くなっています。金券ショップのおかげでかなり食費を節約することができていると思います。

消費税増税、給料の削減、物価の上昇など、混迷を極めている日本社会においてはこのように小さな節約をすることで実質的な金銭的負担を減らす努力が必要だと思います。金券ショップは手軽で、しかも効果的な節約術の代表例だと思います。

小食の私がデカ盛りのお店に行ってみた

デカ盛りのお店は数あれど。もともと小食の私には興味はあっても行けそうもないと思っていたんですが、つい先日大食いの友達とならと思い行ってみることにしました。

友達は私から見ると大食いなんだけど、本人曰く「いやそんなレベルじゃない」とのこと。でもデカ盛りのお店はよく行くようなので、勇気を出して私も行ってみることにしました!まず前提に、「お持ち帰りできる」というお店を探して。(笑)やっぱり残すのはもったいないもんね。それでカツカレーのデカ盛りで有名なお店に行ってみることにしました。写真で見ていたので、「だいたいこの位だろうな」と思っていたんですが。いざ実物を目にすると…ごめんなさい。私が場違いなのが良く分かりました。無理です!!!本当に漫画で見たことあるくらいの盛りのご飯、こぼれんばかりのカレールー…あ、カツは…普通サイズ…(笑)

聞けばご飯は1キロあるとのこと…もう戦意喪失です。全然無理です。普通にお茶碗に一杯で十分の私に「1キロ」はカルチャーショックでした。
「なんで来たいと思ったんだろう」と後悔しつつ食べ進めるんだけど、全然減らない。全然減らない。カレー皿に入ってたんだけど、友達には「あれ?減ってないけど食べてないの?」と言われる始末。「そんなあんただってルーはなくなってるけどごはん山じゃん!ルー頼めばいいじゃん!」と喧嘩。友達は「いや…無理だわ…」と半分食べたところでギブアップ。それでも500グラムもごはん食べれるなんて凄いよと褒めておいた。結局仲良く二人ともお持ち帰り!ご飯は次の日一日持ちました。(笑)

皆さん、小食だけど興味本位でデカ盛りに行くときは、お持ち帰りOKなお店に行きましょうね!
044049s

意外と身近に潜む相続問題 ~弁護士・司法書士に相談してみよう

相続や登記なんて、自分には縁遠い世界なんて思っている人って多いもの。ところが意外と身近なんですよね。

たしかに会社設立や法人登記、債務整理に関してだと自分は関係ないしとなる方も多いと思われますが、相続手続き、これに関しては誰しも避けられなかったりします。

法律って難しくてなんだか良くわからないがゆえに、実際その時になりゃなんとかなるさ、なんてつい場当たり的に考えがち。
ところが、いざその場になってみると、なんとかなるもんじゃなーい!って気がついたりします。
我が家ではまさにこれを地でいってしまいました・・世の中甘くないです、わからないものは放っておかず調べておいた方が良いですね。

ちなみにどういうところが大変なのか、何に困ったのかを例にあげますと。
具体的には名義変更の手続きです。
銀行預金が引き出せなくなって大変になった、という話はよく耳にしますが、実際にはそれだけではありません。
土地や家、株なども名義を変えなきゃいけないです。
銀行預金などと違ってすぐにという緊急性は低いものの、そう何年も放っておくのはよくありません。
我が家のように祖父が亡くなってのち、さほど間が空かない時に相続人の父が亡くなってしまったような場合、祖父から父への相続手続きがすべて完了しないままに次の相続手続きが必要になってしまい大混乱となりました。

もともと祖父から父への相続手続き、つまり土地などの名義変更がスムーズに進んでいなかったのには理由がありました。
相続人が複数いて遺産分割で揉めたとかそういうのではなく、もっと単純に書類の手続きがものすごく煩雑で手間がかかるものだったからなのです。
例えば戸籍が必要といわれれば戸籍謄本1通とれば良いのかと思ってしまいますが、実際には故人の出生から死亡まで遡って全部必要だったりするんですね。
名義たったひとつ変更するために、兄弟全部の同意書とか出生から死亡まですべての戸籍証明が必要だとかで何日も何回も役所へ足を運ばなければならず、家族で対応しきれなかったのが実情でした。

そんな中、最近になって友人から法テラスの存在を教えてもらいました。
法テラスとは平成18年に設立された法務省管轄の組織で、法的な事を無料で相談できる法律関係の支援センターです。
弁護士に相談すればいいのか、司法書士に相談すればいいのか、行政書士に相談すればいいのか、それすらもわからないという私のような素人を対象に、どこに相談すると適切なのかの橋渡しをしてくれます。

同じ相続手続きでも遺産分割で問題があるような場合や係争が起きている場合などは弁護士に依頼したほうがスムーズだったり、名義変更や登記など手続き自体でサポートが要る場合などは司法書士が適しているなどケースごとに違ってきます。
一番気になる費用についてなども弁護士と司法書士では違ってきたりするので、まずは法テラスの無料相談や役所などの法律相談を利用して確認してみると安心できますね。

あくまでも個別で違ってくるので目安なのですが、司法書士へお願いする場合、実費+5~10万円くらいとのことです。

いかにして自分の時間を確保するか

自分は、毎日朝から晩まで忙しく働いており、なかなか自分の時間を確保することができません。
自分のいかにして自分の時間を確保するかが、ここ最近の課題になっています。
自分の時間がなくなると、精神的にも余裕がなくなってきます。
自分が何をしているかわからなくなるという感覚になってしまいます。
自分の時間を確保するためにまず考えたことは、予定をなるべく入れないようにするということです。
出来る限り空白の時間を作るようにします。
飲み会など、いろいろな誘いがあっても、断るようにしました。
全ての誘いに乗っていては、時間がいくらあっても足りません。
また、作業の時間をできるかぎり圧縮するということも、効果的だと思います。
やるべきことをリスト化し、時間をかけないでこなせるようにすることにより、かなりの時間を生み出すことができるようになりました。
結論としては、自分の時間を生み出すには、少し「わがまま」になることが必要なのではないかと思います。
自己中心的と聞くと、あまりいいイメージではありませんが、自分の時間を確保し、精神的なゆとりが生まれると、周りに対しても優しくなれ、プラスになることが多いのではないかと思います。
2015年は、なかなか時間のコントロールができないことが多かったですが、今年こそは、うまく自分の時間を確保し、余裕のある生活をしてみたいと思っています。
時間を生み出すということは、様々なメリットがあります。自己啓発のために時間を使ったり、資格を取得するための勉強をしたり、地域のボランティア活動に参加したり、自分自身を向上させるいろいろなことができるようになると思います。
また、最近は子育てや介護などにも男性が関わるようになってきており、そのためにも、時間を確保していくということが、とても重要なのではないかと思います。
これからの時代は、いかに時間を確保するかということが、誰にとっても、身につけなければならない必須のテクニックになってくるのではないかと思います。
business_eigyou_man

虫歯痛なら正露丸か歯医者へいくか

歯が痛い時に大変なのは、集中力が欠如してしまうこともあります。
何をするにも、集中できなくなるので、仕事も趣味も何もかもがはかどらなくなりますね。
これは困ったことです。
歯が痛くなったら、どうしていますか。
痛み止めの錠剤を飲むことは、ありますね。
何かの病気の時にもらった痛み止めの薬が、歯の痛みにも使えるのです。
歯の痛いところに塗るタイプの痛み止めってありますね。
あとは正露丸は歯痛に効くって知ってましたか。
正露丸の瓶の使用上の注意書きにも、ちゃんと書いてありました。
正露丸を千切って、虫歯の穴に詰めると痛みが止まるんです。
これは神経を麻痺させているんじゃなくて、神経を溶かすことによって痛みがなくなるのですよ。
だから正露丸を使うほどの痛みなら、本来は歯医者へ行かなければいけないのでしょうね。
でも歯医者って嫌だからあまり行きたくないということもあります。
虫歯が傷むのは、虫歯によって歯の神経がむき出しになってしまうことに原因があるのです。
だから正露丸で神経を溶かしてしまうというのは、たしかに理にかなった痛み止めであるようです。
正露丸は効くというのは分かっているのですが、臭いがきついので使いづらいと誰もが思ってるかもしれませんね。
自宅で夜間に使うことに支障はなくても、日中仕事先で使うわけにもいきませんからね。
以前から無臭タイプの正露丸は製造できるんじゃないかと考えていたのですが、未だに実現はしていないようです。
糖衣をかぶせて臭いを消しているものがありますが、あれは歯に詰めるには向いてないタイプです。
成分だけを抽出して無臭タイプの正露丸を作らないのは不思議なことですね。
正露丸だけでなくイソジンなどもそうです。
臭いが付いていることで、その成分だということがわかって、アピールできるからなのでしょうか。
そういえば歯医者へ行くと、歯医者によっては消毒液は臭い液体を使っている場合がありますね。
あれもなんでなのかと不思議です。

動物って実はとても尊い

よくインターネットの動画サイトで配信されている可愛い動物達の動画を観ていると、猫が何故かひよこの赤ちゃんや犬の赤ちゃんを育てている場面を見かけます。
猫でもちゃんとひよこの赤ちゃんや犬の赤ちゃんが自分とは違う生き物だという事ぐらいは認識しているはずなのですが、きっと動物の本能としてお母さんが何かの理由でいなくなってしまった事を察知して、誰かが世話してあげないと赤ちゃんが死んでしまうと思って無意識に育てているのでしょう。
そんな姿を眺めていると、動物達ってなんて尊い生き物なんだろうと思います。
私ももしも母親のぬくもりを求めている子供を見かけたら、しっかり受け止めて心を温めてあげたいと思いました。
現代では、毎日のように日本のどこかで乳児や幼児を虐待死させたといったニュースが飛び込んできます。
それが年々当たり前のような状態になっている事が、大変悲しいです。
悲しいはずのニュースもこう毎日のように当たり前に見ていたら、大人達は何も感じなくなってしまうのでしょうか?
軽はずみに結婚したり、妊娠出産したり、借金を作る親がいるから、幼くてどうする事も出来ない小さな子供達が大人の犠牲になってしまうのでしょう。
私が子供の頃にはこういった悲惨なニュース等聞いた事もないので、私達の世代から今の10代、20代といった若い世代の人達は、人の生命の尊さについてもしかしたら理解せずに大人になってしまったのかもしれません。
私はそんな身勝手な大人達の心に突き刺すようにこれからも厳しく言及していきたいと思いました。
dog_maltese

ホームページ制作のための情報共有

インターネット上に何人かホームページ制作を生業にしている知人がいます。
彼らとは定期的に情報交換のようなことをしています。
しっかりと勉強していかないとこの先、このホームページ制作の業界でやっていけないですからね。
ホームページ制作とその他周辺分野においてお互いに新しく知った技術やよくわかっていない技術などについて話すんです。
わたしはプログラマーではないのでそこまで深い話はできないのですが、それでも気になることは沢山ありますので、話せる範囲でまとめたりして情報共有しています。
そのため、毎日のようにホームページ制作に関する情報はチェックしていますし、気になる情報というのはEvernoteなどを使ってまとめあげています。
他の人はRSSなどを使っていっきに情報を拾うというようなことをしているのですが、わたしはRSSを使うのをやめて、ブックマークに大量の情報ホームページを入れて一気にチェックするという方法でやっています。
それを朝と夜にやるんです。
RSSですと終わりがないように感じてしまって、どうにも時間を沢山使ってしまうんです。
自分には向いていなかったんですね。
得る情報はホームページ制作だけではなくて、その周辺の技術まで含めています。
たとえばホームページ制作で使われていた技術でWindowsアプリが作れるというようなことを知ればそれもクリップしていきますし、最近話題になっているUnityやUnrealEngineといったゲームエンジンなどについても情報を集めておきます。
それに関連して3Dなどの情報も一緒に収集していますね。こういうところで使われている技術などがどのようにホームページ制作に結びつくかわからないので先に新しいことは知っておこうということなんです。
それで何か使えそうなことがあったらうまいことホームページ制作に落とし込んでいこうということですね。
こういうことを知人たちとしているせいか、いまのところは最新の情報を追えているように感じています。