いかにして自分の時間を確保するか

自分は、毎日朝から晩まで忙しく働いており、なかなか自分の時間を確保することができません。
自分のいかにして自分の時間を確保するかが、ここ最近の課題になっています。
自分の時間がなくなると、精神的にも余裕がなくなってきます。
自分が何をしているかわからなくなるという感覚になってしまいます。
自分の時間を確保するためにまず考えたことは、予定をなるべく入れないようにするということです。
出来る限り空白の時間を作るようにします。
飲み会など、いろいろな誘いがあっても、断るようにしました。
全ての誘いに乗っていては、時間がいくらあっても足りません。
また、作業の時間をできるかぎり圧縮するということも、効果的だと思います。
やるべきことをリスト化し、時間をかけないでこなせるようにすることにより、かなりの時間を生み出すことができるようになりました。
結論としては、自分の時間を生み出すには、少し「わがまま」になることが必要なのではないかと思います。
自己中心的と聞くと、あまりいいイメージではありませんが、自分の時間を確保し、精神的なゆとりが生まれると、周りに対しても優しくなれ、プラスになることが多いのではないかと思います。
2015年は、なかなか時間のコントロールができないことが多かったですが、今年こそは、うまく自分の時間を確保し、余裕のある生活をしてみたいと思っています。
時間を生み出すということは、様々なメリットがあります。自己啓発のために時間を使ったり、資格を取得するための勉強をしたり、地域のボランティア活動に参加したり、自分自身を向上させるいろいろなことができるようになると思います。
また、最近は子育てや介護などにも男性が関わるようになってきており、そのためにも、時間を確保していくということが、とても重要なのではないかと思います。
これからの時代は、いかに時間を確保するかということが、誰にとっても、身につけなければならない必須のテクニックになってくるのではないかと思います。
business_eigyou_man

虫歯痛なら正露丸か歯医者へいくか

歯が痛い時に大変なのは、集中力が欠如してしまうこともあります。
何をするにも、集中できなくなるので、仕事も趣味も何もかもがはかどらなくなりますね。
これは困ったことです。
歯が痛くなったら、どうしていますか。
痛み止めの錠剤を飲むことは、ありますね。
何かの病気の時にもらった痛み止めの薬が、歯の痛みにも使えるのです。
歯の痛いところに塗るタイプの痛み止めってありますね。
あとは正露丸は歯痛に効くって知ってましたか。
正露丸の瓶の使用上の注意書きにも、ちゃんと書いてありました。
正露丸を千切って、虫歯の穴に詰めると痛みが止まるんです。
これは神経を麻痺させているんじゃなくて、神経を溶かすことによって痛みがなくなるのですよ。
だから正露丸を使うほどの痛みなら、本来は歯医者へ行かなければいけないのでしょうね。
でも歯医者って嫌だからあまり行きたくないということもあります。
虫歯が傷むのは、虫歯によって歯の神経がむき出しになってしまうことに原因があるのです。
だから正露丸で神経を溶かしてしまうというのは、たしかに理にかなった痛み止めであるようです。
正露丸は効くというのは分かっているのですが、臭いがきついので使いづらいと誰もが思ってるかもしれませんね。
自宅で夜間に使うことに支障はなくても、日中仕事先で使うわけにもいきませんからね。
以前から無臭タイプの正露丸は製造できるんじゃないかと考えていたのですが、未だに実現はしていないようです。
糖衣をかぶせて臭いを消しているものがありますが、あれは歯に詰めるには向いてないタイプです。
成分だけを抽出して無臭タイプの正露丸を作らないのは不思議なことですね。
正露丸だけでなくイソジンなどもそうです。
臭いが付いていることで、その成分だということがわかって、アピールできるからなのでしょうか。
そういえば歯医者へ行くと、歯医者によっては消毒液は臭い液体を使っている場合がありますね。
消毒液のあの臭い匂いがいやなので職場の近くの歯科から自宅近くのなかもずの歯医者に変えました。
あれもなんでなのかと不思議です。

動物って実はとても尊い

よくインターネットの動画サイトで配信されている可愛い動物達の動画を観ていると、猫が何故かひよこの赤ちゃんや犬の赤ちゃんを育てている場面を見かけます。
猫でもちゃんとひよこの赤ちゃんや犬の赤ちゃんが自分とは違う生き物だという事ぐらいは認識しているはずなのですが、きっと動物の本能としてお母さんが何かの理由でいなくなってしまった事を察知して、誰かが世話してあげないと赤ちゃんが死んでしまうと思って無意識に育てているのでしょう。
そんな姿を眺めていると、動物達ってなんて尊い生き物なんだろうと思います。
私ももしも母親のぬくもりを求めている子供を見かけたら、しっかり受け止めて心を温めてあげたいと思いました。
現代では、毎日のように日本のどこかで乳児や幼児を虐待死させたといったニュースが飛び込んできます。
それが年々当たり前のような状態になっている事が、大変悲しいです。
悲しいはずのニュースもこう毎日のように当たり前に見ていたら、大人達は何も感じなくなってしまうのでしょうか?
軽はずみに結婚したり、妊娠出産したり、借金を作る親がいるから、幼くてどうする事も出来ない小さな子供達が大人の犠牲になってしまうのでしょう。
私が子供の頃にはこういった悲惨なニュース等聞いた事もないので、私達の世代から今の10代、20代といった若い世代の人達は、人の生命の尊さについてもしかしたら理解せずに大人になってしまったのかもしれません。
私はそんな身勝手な大人達の心に突き刺すようにこれからも厳しく言及していきたいと思いました。
dog_maltese

ホームページ制作のための情報共有

インターネット上に何人かホームページ制作を生業にしている知人がいます。
彼らとは定期的に情報交換のようなことをしています。
しっかりと勉強していかないとこの先、このホームページ制作の業界でやっていけないですからね。
ホームページ制作とその他周辺分野においてお互いに新しく知った技術やよくわかっていない技術などについて話すんです。
わたしはプログラマーではないのでそこまで深い話はできないのですが、それでも気になることは沢山ありますので、話せる範囲でまとめたりして情報共有しています。
そのため、毎日のようにホームページ制作に関する情報はチェックしていますし、気になる情報というのはEvernoteなどを使ってまとめあげています。
他の人はRSSなどを使っていっきに情報を拾うというようなことをしているのですが、わたしはRSSを使うのをやめて、ブックマークに大量の情報ホームページを入れて一気にチェックするという方法でやっています。
それを朝と夜にやるんです。
RSSですと終わりがないように感じてしまって、どうにも時間を沢山使ってしまうんです。
自分には向いていなかったんですね。
得る情報はホームページ制作だけではなくて、その周辺の技術まで含めています。
たとえばホームページ制作で使われていた技術でWindowsアプリが作れるというようなことを知ればそれもクリップしていきますし、最近話題になっているUnityやUnrealEngineといったゲームエンジンなどについても情報を集めておきます。
それに関連して3Dなどの情報も一緒に収集していますね。こういうところで使われている技術などがどのようにホームページ制作に結びつくかわからないので先に新しいことは知っておこうということなんです。
それで何か使えそうなことがあったらうまいことホームページ制作に落とし込んでいこうということですね。
こういうことを知人たちとしているせいか、いまのところは最新の情報を追えているように感じています。

ゆうやけこやけの

秋の風物詩のひとつとして、夕暮れの空を覆いつくすかのように飛び回る赤いトンボがありました。
しかし子供の頃や学生の頃は鬱陶しいぐらいに見かけたものですが、今や川近くに住んでいる田舎暮らしだというのにめっきり見かけない年がこのところずっと続いています。

と思っていたら。
このいわゆる赤トンボ=アキアカネですが、なんだか知らないうちに日本全国の県で絶滅危惧種扱いのレッドリストに入っていた模様です。
確かに数が減ったなあとは何となく思っていましたが、まさかそこまで深刻とは。

ここまで数が減っている原因の一つという疑惑が指摘されているのが、ネオニコチノイド系の農薬だそうです。
このカタカナの名前、どこかで聞いたことがあったと思ったらミツバチの数がものすごい減っている原因として指摘されたやつと同じものじゃあないですか。

いつの日か夕焼けの空に、赤トンボは戻ってくるのでしょうか?

akiakane

お盆の予定を模索中

さて、もうすぐ我が家はお盆なので何かしようと思うのですが、折角休みになっても未だに予定が立っていません。
みなさん海外旅行だったり国内旅行だったり、実家へ帰ったりするのですが、今年は我慢の年で遠出はしないこととなっています。

よってかなりシンプルな休みになるでしょう。実家へ帰省するということも、私の家では子どもにとっても祖父母が市内にいるので、旅行気分は全く味わえないでしょうね。
このあたりはちょっと可哀想ですが、毎日会えることも大切だと思います。

そこで、近場でも楽しめるところはどこかと最近調べているのですが、ひとつ候補がありました。それは山登りです。
といっても、たくさん歩くのではなくて、公共交通機関を使ってすぐに山頂へ行けるので便利なのです。
これなら暑くても辛くはないですし、山頂付近は涼しいのでもう赤とんぼがいっぱい飛んでいるとの情報です。

夏は海、という人もいますが、山で涼むのもいいなぁと思いました。

なかなかこういう連休がないと行ってみようという気にならないので、この機会を利用して晴れの日に行ってこようと思います。
SNSにあげたいですし、愛用のデジカメを持っていくのを忘れないで、良い思い出を作りたいですね。

tozan_fuku_woman

中古の一戸建て住宅の魅力は

中古の一戸建て住宅を選ぶとき、重要なことは何が思いつきますか。

住宅の価格というのは、確かに重要な要素になってきます。

中古住宅では安ければ300万円より安い物件も見つけることはできるのですが、平屋建てだったり、築年数が経過していたりと、条件面は良くないことが多いです。

市街地内だと中古住宅でも高くつく傾向にあり、田舎の方だと割安になっている物件が多くなります。
築年数と家屋の痛みという要素も、よく見ていくべきです。
築年数が20年を超えると、どこかしらにガタが来ている可能性は高くなっているでしょう。
壁面がひび割れている程度なら、漆喰セメントを埋めて、塗装をしなおせば綺麗にできますが、見えない部分の柱などで、シロアリの虫食いなどがあったりすると、耐震性に問題が出てきます。

駆除してあっても一度シロアリ被害が出た家は、強度的にどうかと疑問もつきまといます。
築40年以上の中古住宅は、はっきり言って直すべき場所がかなり出てくると、最初の時点で認識スべきだと思います。
田舎では古民家が数百万円という安い値段で売られていることがあります。
この場合も、築100年を超えるような古民家なので、構造的に問題があると見ておかないといけません。

中古住宅は修繕費がかさむということにもなるので、その場合は、新築の小さな家を買ったほうが、安上がりということにもなります。
近年は500万円の新築住宅なんていうのも登場していますし。
中古の一戸建て住宅の場合、内装では、トイレや風呂など水回りの設備が、非常に古くなっていることは、最初から覚悟しておいたほうが宜しいでしょう。

きれいに使っていた家でも、古い設備は使い勝手が悪くて、エネルギーの節約にもならないこともあります。

水道は内部がサビていることがあり、健康面で宜しくないので、水道をひねって赤茶色の水が出たなら、取替えたほうが良いんじゃないかと思います。
色んな問題があっても、中古のほうが、広い庭が付いているから、田舎だから魅力というふうな理由で、選ぶ人も多いのですよね。

温泉で肩こりを

先日の休みのときに、お出かけをしようと思ってきたワンピースの背中のファスナーを

閉めることができませんでした。肩がとっても痛くて、腕が上がらなかったからです。

少し前は、腰が痛くて、それが落ち着いたと思ったらひざが痛くなって、そして今度は肩か!!

というように、自分の老化に自分で突っ込んでしまいました。

その日は、ワンピースをあきらめて、上下分かれているものを着ていったのですが、

何とかして肩の痛みをとろうと、帰宅後色々試して見ました。

家族にもんでもらったり、40肩に効果があるというストレッチなどを調べて、

ちょっと肩や腕を回してみたりもしました。でもなかなか効果がないまま何日かが

過ぎたのですが、昨日たまたま、同僚に肩も痛いし、腕があがらないという話しをしたら、

「温泉にでも言ってみたら?」といわれました。

それで気がついたのですが、6月ころから、しばらく温泉に入っていません。

あまりにも暑いので、シャワーをさっと浴びる程度で、終わらせてしまいます。

それが血行障害を起こして、ひどい肩こりを起こしていたのかもしれません。

エアコンの良く効いている部屋で、一日10時間くらい仕事をしていたら、

当然血行も悪くなるでしょう。昨日、ついに、暑くてのぼせることを恐れながらも久しぶりに

湯船につかったら、今日は肩も腕も調子が良いように思えます。

歴史上での最古の温泉湯治の記録を探して

昔は温泉や湯治と聞いても、あまり魅力的には感じていませんでした。

まだ若かったからだと思いますが、お風呂のなにが良いんだろうとか、

なんで一々お風呂に行くんだろうとか、自宅のお風呂で十分じゃないか

という感覚を持っていました。しかし年を重ねて湯治についての知識が

少しづつ増えていくごとに、認識が少しづつ変わりはじめました。まず、

入湯することで病気の治療にもなると知ったことが、魅力的に感じ取れ始めた

理由となります。まだ若いころは体の痛みなどはなかったのですが、

30代を迎えてから関節や神経などに、痛みを感じる機会が増えてきました。

ああ年をとってしまったんだなと、なにか悔やむように思いがちですが、

そうした体の痛みを取ることのできるお湯が、日本の各地に湧いている場所が

あると知りました。それによってて、認識をガラリと変えることになりました。

そして認識を改めた理由としては、歴史上では昔から湯治が記録してあることを

知ったことも、改める契機になりました。歴史上で始めて、神が温泉に入ったと

される古い記録は、おそらく少彦名命についての記録ではないかと考えられます。

愛媛県について記した古文献「伊予国風土記逸文」に、そうした記録があって、

少彦名命はお湯に浸かって体力を回復したと伝えられています。

逸文というのは僅かに残された文書の断片のことで、「伊予国風土記」自体は、

残念なことにかなり昔の段階で消失してしまいました。その少彦名命の湯治の

舞台となっているのは、愛媛県松山市の道後温泉です。この土地は日本三古湯

呼ばれているなど、その名の通り、そして幾つかの歴史書にある通り、

昔から湯治の場所として知られてきました。「日本書紀」では舒明天皇など、

名だたる天皇がこの場へやってきて湯に浸かりにきた記録があるなど、

日本三古湯とは名前ばかりではなく、中身を伴っていると把握できます。

これから40代になって生きていきそうな私も、そろそろ湯治を楽しんで

みようかと考えている不健康なこの頃です。

mark_onsen

甲子園出場校決定!

今回で97回大会を迎える甲子園ですが代表校49校が決まったようです。

最後に甲子園への出場を決めたのは大阪大会で優勝した大阪偕星学園だそうで、

この学校は甲子園の代表になるのは今回が初めてだそうなんですよ!

この記念すべき初出場を決めた大阪偕星学校、

それを成し遂げたにはわけがあるんだとか。

なんでも韓国のプロ野球などでプレー経験のある監督が就任してから

というもの猛特訓を続けているんだそうです。

どれぐらいの猛特訓かというと毎日深夜まで練習をしているんだそう!

大会直前には一日12時間以上も練習をするなど

もう本当にスパルタといっても良いと思います!

もし彼らが甲子園優勝をしたらスクールウォーズみたいじゃないですか?

(別に大阪偕星の子たちを不良と言っているわけではない)。

今回の甲子園、大阪偕星学園は要チェックですよ!

baseball_ouen