新しいことに挑戦!

最近、裁縫に目覚めました。
小学生の頃は手芸などに一時的にはまったこともありますが、中学生になると被服の授業が苦手科目となりました。
パジャマやスカートなどを授業で作りましたが、思ったよりうまくできないことで苦手意識が出てきてしまったのだと思います。
それ以来裁縫はしていなかったのですが、現在高校2年生の娘が高校の被服科へ進学したときにミシンを購入し、興味本位で触っていたところ、なんだか楽しくなってきました。


我が家にはミニチュアダックスが2匹いるのですが、そのうちの1匹がとても大きくなってしまい、市販の服が着られないのです。
でも2匹にお揃いの服を着せてあげたくて、裁縫嫌いの私が犬服作りに挑戦したのです。
すると何枚か作っているうちに、犬服を作って販売したいという気持ちが出てきました。
もともと不器用な方ではないので、真剣に取り組めば、それなりのものが出来上がりました。

私の友達の友達に、自分で服を作って販売している人がいます。
その方は、被服科などで裁縫を本格的に学んだわけではなく、普通の授業で学んだ程度だと言うのです。
ということは、私にも犬服販売できるかもしれません。

しかし我が家にはロックミシンがないので、かがり縫いができません。
自分の犬に着せる分にはかがり縫いなんてできていなくても、ほつれてこなければOKですが、売り物となるとそうはいきません。

売り物になるものを作れるのかという自信も持てず、ロックミシンを購入することを迷っていましたが、何事もやってみなければわかりませんよね。
娘は被服科で本格的に裁縫を学んでいますから、娘から教えてもらうこともできます。

先日テレビで、音大に進学した70代のおばあちゃんのお話を見ました。
70代で、10代20代のお友達がいました。
行動力と勇気に脱帽です。
そう思えば、40歳の私が今から犬服作り&販売をすることは決して遅くないと思うのです。
早速今度のお休みに、ロックミシンを探しに行きたいと思っています。

生活を助けてくれる金券のすばらしさ

私は20代で、会社務めをしている者ですが、まだ若く給料が安いため、節約の一環として金券ショップを使う機会が非常に多いです。

金券ショップを利用したことのない人のために説明しますが、金券ショップは特に駅の近くに多く存在する小型の店舗です。比較的規模の大きな駅であればほぼ間違いなく駅の近くにあると思います。売っている商品は切手、印紙、商品券、株主優待券、きっぷ、新幹線チケットなど多岐にわたります。最近では金券ショップの営業時間外でも24時間販売している自販機が置かれている店舗も珍しくありません。

私がよく買うのはきっぷです。通常、駅で割引のある回数券を買うと11枚セットで買わなければなりませんが、金券ショップであれば1枚ずつ買うことができます。しかも、私の使っている店舗では土日専用の回数券が販売されており、通常の回数券よりも更に安く買うことができます。先ほど述べたような自販機が設置している店舗なので、24時間いつでも購入することができます。私の家と駅のちょうど間に金券ショップがあるので電車に乗る際に、駅できっぷを買うのと同じ要領で金券ショップの自販機できっぷを購入しています。きっぷなので一回一回の割引額は大したことはありませんが、パーセントに直すと中々のもので、軽く消費税分以上は節約することができています。覚えているだけでも20回以上使っているので、これまでかなりの額を節約することができていると思います。

また、一人暮らしのサラリーマンの味方であるファーストフードの食券をよく買います。有名牛丼チェーン、有名ハンバーガーショップ、有名ファミリーレストランなど種類が豊富でとても満足しています。このような食券はきっぷよりも割引率が高くお得感がより高くなっています。金券ショップのおかげでかなり食費を節約することができていると思います。

消費税増税、給料の削減、物価の上昇など、混迷を極めている日本社会においてはこのように小さな節約をすることで実質的な金銭的負担を減らす努力が必要だと思います。金券ショップは手軽で、しかも効果的な節約術の代表例だと思います。