失敗しない賃貸物件の空き部屋探し

賃貸物件を探す際にはいくつかのポイントがあり、ポイントをチェックして空き部屋 探しをするのが成功するコツです。賃貸物件の空き部屋探しで最も重要になるのは内 覧時のチェックですので、賃貸物件の内覧をする際にはあらかじめチェック項目を記 載したノートを用意しておくと良いでしょう。 賃貸マンションやアパートは管理が重要ですので、適切な管理がされているのかを チェックします。掃除は管理の基本ですので、エントランスホールや廊下などの共用 部分がきちんと掃除されていれば管理が行き届いているものと判断できます。ゴミ捨 て場などもチェックしてみて、清潔な状態が保たれていれば合格です。   共用部分のチェックで忘れてはいけないのは、郵便受けやメールボックスのチェック です。マンションの郵便受けの中には、隙間から手を入れると簡単に郵便物を取り出 せてしまうものがあります。このような郵便受けは防犯上良くないので、女性が住む のは避けることが賢明です。   女性の一人暮らしの場合は、管理人が常駐している物件が望ましいです。管理人が常 駐しているマンションは不審者が侵入しにくいので防犯の面で安心できます。オート ロック付きのマンションも不審者の侵入を阻止できるので、一人暮らしの女性には最 適です。お部屋にTVモニター付きインターホンがあると訪問者を確認してから入って もらえるため、TVモニター付きインターホンがあるかどうかもチェックします。予算 の都合でオートロックやTVモニター付きインターホンがあるお部屋に住めない場合 は、防犯カメラが設置されているかを確認しましょう。   マンションやアパートなどの共同住宅は防音性が大事になってきますので、内覧時に は防音性をチェックするようにします。防音性のチェックの方法は、扉と窓を全部閉 めた状態で耳をすまして騒音が聞こえないかをチェックします。壁に耳を当てるのも 良く、エレベーターの音や住人の声など気になる音がしなければ大丈夫です。騒音が 原因で退去をするケースは多いので、防音性のチェックは入念に行いましょう。   空き部屋探しは不動産屋さんとよく相談しましょう。  

https://orichin.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。