気功でアンチエイジング

気功と言う言葉をよく耳にしたり、目にしたりすることがあると思いますが、しっかりと理解されている方はそう多くはいないと思いますので、みなさんに気功のことを分かりやすく説明したいと思います。

まず、気について。

よく気を送る、気の流れを良くすると言いますが、これは気=エネルギーだと考えて下さい。人は食物を食べ、栄養を吸収し、その栄養を消費して生きています。
その栄養は血やリンパ液によって体の隅々に送られているのですが、気の流れが悪いと、血液やリンパ液の流れも悪くなり体に不調をきたします。
そういう状態になると、体の節々や末端、内臓から調子が悪くなっていきます。
その後は、肌に不調の症状が現れ、具合の悪い部位が痛みだしたりと、体から調子が良くないというシグナルが送られてくるようになります。
大抵の人は体からのシグナルを受け取るまでは、自分の体の不調には気が付きません。

それはなぜか?

自分の体を気に掛けていないからなのです。
気功とは、気の流れを良くしたり、気を操るのですが、この気=エネルギーを感じることが重要なのです。
日頃あまり気に掛けていない体の気の流れを意識し、操ることにより、体の不調を取り除き、より健康的な体へと整えていくことができるのです。
自分の体に気を集中させることにより体のことを理解し、良くします。
そして、悪いところを治した後は、より良い状態へと好転させるのです。
そうすることにより、不調からくる肌の衰えや内蔵の不調を健康的な肌と内臓へと変えることができます。
つまり、本来なら自然に出来ていたアンチエイジングの力を引き出すことができるのです。では、実際にどうすれば気を操り、体を健康的な綺麗なものへと変えていくことができるのかを説明します。
気功の最初の一歩は、リラックスした状態で目を瞑り、深呼吸をします。
いきなり瞑想などの高いレベルは難しいと思いますが、軽い瞑想を行うつもりで実行してみてください。
目を瞑り、深呼吸を続けていると、意識が自分が見ていたものから自分自身へと向けられていくのが分かると思います。
普段は気にかけていない気が、自分の体へと向けられたのです。

これが気を操ることの第一歩です。

この段階では、気を知る、感じた、程度のレベルなので、体を良くしたり、綺麗にすることはできませんが、より高いレベルになると可能になります。
気を知る、感じることができたのならば、後は鍛錬を重ねれば確実に気を操ることができるようになります。
そして、最終的には体の中のエネルギーを正しく使い、健康的な体を作り出すことができるようになります。
kikou

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。