従来の印鑑のデメリットを解消したチタン印鑑の魅力

印鑑と言えばよく私たちが思い浮かべるのは木や水牛、安いものだとプラスチックなどでできたものがあります。でも最近、チタン製印鑑というのがあるのです。
金属のあのチタンのことで、他の材質のものと比較してみると、印鑑としていろいろなメリットがあります。
まず、傷だとか割れなどの損壊が極めて少ないです。

チタンの中で1番使われているのがブラストチタンというもので、特殊な加工を施してあるのです。すり減ることなく綺麗なまま、傷や汚れの無い状態でいつもでも判を押せます。
さらに素晴らしいことに、チタンは水に浸しても錆びません。だからよく普通の印鑑は表面がだんだんインクや埃と混ざって固まって、字が潰れてしまうことがありますが、チタン印鑑だと水で綺麗に洗い流して表面を常にベストな状態にしておけます。お手入れが楽というのは重要なポイントではないでしょうか。一生それを使い続けることを考えれば、実印や銀行印といった重要な印鑑はチタン印鑑が最も優れていますね
肝心の朱肉の付き具合ですが、チタンはかなり優れた捺印性があります。
チタンは超微粒子で出来ている金属です。ですから密度が高いため、朱肉を吸着する量の加減がとても良いのです。印字が薄くなったり、逆にインクがぼてることもありません。
以上にように、従来の木や水牛やプラスチック製の印鑑のデメリットを解消して、メリットが豊富であるチタン印鑑はぜひ一家にひとつは手に入れたい印鑑です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。